Clinique de l'Ange 体外受精の治療は、採卵して移植するものだけではありません

先週の土曜日に、恒例の説明会を致しました。

最近クリニックが忙しく、皆様にお越しいただいたお礼をブログでお伝えする事が遅れまして申し訳ございませんでした。

説明会でのお話が、皆様の治療する上で、お役に立てれば幸いです。


不妊治療というのは、治療を始めて直ぐに順調に結果を出す方もいらっしゃいますし、いらしたときの身体の状態によっては、なかなかあと一歩で足踏みが続いて、それまでの治療などもあり、色々な事を考えすぎて辛い思いをされてる方もいらっしゃいます。

直ぐに結果が出ないことで、あちこちのクリニックを移動されている方もいらっしゃいますが、説明会でお話しするように、続けて治療を休まずに続けてこそ結果がでるので、1・2回で諦めて、また1から違うところで治療を繰り返すのは、結果を出す手前でまた1からの繰り返しになり、いつまでも成果を出せない負のスパイラルに巻き込まれてしまいます。

体外受精の治療とは、採卵して移植する事ではありません。

良い卵を育てる身体を作る事こそが治療であることを忘れないでください。


1・2回試して、ほかの治療に切り替えてばかりいたら、いつまでも採卵移植をくりかえすだけになりかねません。

それどころか、色々な治療や、刺激、薬などで、体も確実にダメージを受けていきますので、いつも「急がばまわれ」とお話しますが、調整周期に対してだけの話ではありません。

焦る時こそ、気持ちをクールダウンして留まる事も、大切な場合もあります。

また治療中に自己判断で、ほかの薬を並行して飲んでいて、それだけの原因かわかりませんが、とても期待できる状態だった方で、後で他の薬を併用されていたことを知り、もしかすると、その影響も考えられ、とても残念に思ったケースもありました。

他の先生が出す薬に対して、私が否定する事はできませんが、その先生は、私がしている治療を完全に理解して出していない場合もあり、またデリケートなホルモン状態に全く影響を及ぼさない薬であるかが出した先生にもわからない場合があります。

今絶対に必要な薬でなく、飲んだ方が治療効果が上がると思って飲まれるような薬などは、自己判断で飲む前にご相談ください。

不妊治療というのは、とてもデリケートな治療であることも、皆さんにご理解いただきたいと思います。

薬は当然のことですが、治療中(採卵移植前だけでなく移植後も)には、自己判断で、いろいろなことをされずに、まず相談いただけますと幸いです。

私たちは勿論、目指すものはただ一つですが、患者の皆様も、ブレない強い気持ちで一緒に目標に向かっていきましょう。

ご縁あって、当院に来ていただいた皆様を、私たちは諦めません。

私たちも真剣に皆様の治療に当たらせていただいております。
スポンサーサイト

Clinique de l'Ange (天使のクリニック 末吉智博)

以前在籍していたクリニックで、私が調整、採卵、移植をして一人目を授かった患者さんが、二人目を希望し、また私のところに来院してくださいました。

最近は、一人目の時に担当した患者様が、またいらしてくださることが多くあります。

今日も、二人目の治療でいらした方が卒業されました。

私がお手伝いして送り出した天使に、今度は兄弟を作って差し上げられたとしたら、こんなに幸せなこともありません。

一人目の時も今回も、しっかり調整をさせていただいたので、2回とも、一回の採卵移植で卒業ができ、喜んでいただきました。

新しい小さな命を確認した時、私たちは、患者の皆様からいつも幸せを分けていただいています。

だからこそ、ご縁あって、私たちのクリニックに来ていただいた、ただ一人の患者さんも、取りこぼすことがないよう、卒業に導きたい、導かなければならないと、強く感じています。

卒業する患者様から分けていただく幸せを、私も一つとして無くしたくないからです。

この思いは、私だけの思いではなく、長くこの仕事に携わってきた他のスタッフみんなの思いでもあります。

みなさんのご家族が笑顔になれるように、私たちも笑顔になれるように、明日からも全力で治療に当たりたいと思います。

Clinique de l'Ange 幸せな仕事です

昨年、私が開業する前に勤めていたクリニックで、退職する最後の日に移植をした患者さんが、いらっしゃいました。

採卵も移植もした方でしたが、先日、無事に赤ちゃんが生まれて、ご報告いただきました。

私たちの仕事は、あくまでも、天使である赤ちゃんが、未来のママやパパに会えるスタート地点に立たせるお手伝いをするだけで、そこで終わります。

無事に天使が御家族みなさんに迎えられたかを知ることはなかなかありません。

だから、卒業のときに、私たちスタッフみんなの思いをこめてお守りをお渡しして、卒業したあとも、無事を願うことしかできません。

前のクリニック、最後の患者さんからのうれしい報告に、とても力をいただき、今、うれしい気持ちでいっぱいです。

自分の仕事にやりがいと幸せを感じたご連絡でした。

今日は、暑いので、お酒は弱いので、小さいボトルのシャンパンでも買って帰ろうと思います。

この幸せがあるから、これからも年中無休で頑張ります。

Clinique de l'Ange 治療費を最小限に抑える治療方針です

よく、お財布にやさしい治療といって、成功報酬などを取り入れているクリニックがあります。

成功報酬というと、聞こえはいいのですが、成功しなかったとき、ただというわけではありません。
それなりの費用が請求されます。
そして、回数が嵩めばそれだけ出費は増えていき、結局結構な額となってしまいます。

当クリニックは、通われている方は、もうお気づきだと思いますが、いきなり採卵・移植をすることは多くありません。

過去の経験から、無駄に採卵・移植を繰り返したために、予算上、子供を持つことを諦めなければならずに涙をのんだご家族を多く見てまいりました。

私たちは、一人でも多くの天使をみなさんのご家庭に送り出すことが使命です。

クリニックとしては、採卵・移植をしないと、経営上はよくないので、多くのクリニックでは、今回の体の状態や、過去の治療から、今採卵しても、出産までにつながるいい卵子が採れないのが明らかでも、とりあえず採卵をしています。

もしくは、今回の卵子では、結果が出ないことがわからない医師もいるかもしれません。

また、せっかくいい受精卵が用意されても、移植に適当な状態のときを選ばないと、これも、結果につながりませんが、移植代欲しさで、とりあえず移植して、せっかくの良い受精卵を無駄にしてしまって、その結果また採卵しなければいけない。
その結果、またお金も、労力もかかることになります。

当クリニックは、個々の体の状態を把握して、採卵や移植に適した時にしか、それを行わないので、最初に何回か調整周期になる方が多くいらっしゃいます。

いい卵子を採れる卵巣の状態を準備し、多くの方にある原因の一つの古い卵を無くし、体が整ってから、一気に妊娠へ持っていく方法なので、採卵や移植の回数が少なく、結果として、少ない予算で卒業していただけております。

急がば回れの理論です。

いい卵子が育たない時に毎月採り続けても、ますます質が低下して負のスパイラルに巻き込まれてしまっている方も多くいらっしゃいます。

調整期間は、薬などで調整はあるもの、体外受精らしい採卵などがないと、治療している満足感がなく、焦られる方もいらっしゃいますが、金銭的な無駄をなくすだけでなく、体にも優しく、結果もついてきます。

調整期間をしっかりすることは、成功報酬制度のクリニックでは、経営上もなかなか難しいことです。
私も今まで、成功報酬のクリニックに勤務していたので経験があります。


先日もお話しましたが、過去に経験してきた妊娠率より、調整重視した方法に変えてからの妊娠率のほうが、ずっと高く上がっております。

これは、卵巣機能を上げてから採卵をしたため、採卵した回数あたりの妊娠率が当然上がったということで、妊娠率が高いということは、患者さんに金銭的にかかった費用も軽減しているということです。

もう一件、コストを抑えてるのが、顕微授精を必要とされた場合です。

今注目されている高度な技術で、かなり高度な技術を持つ培養士にしかできない、また超高性能な顕微鏡のある施設でしかできないIMSI(イムジー)方式を当クリニックは、採用しています。

この方式は、インターネットでも簡単に調べられるので興味のある方は調べてください。

この技術を取り入れられる施設が少なく、また多くは別料金がかなりかかりますが、当クリニックは全部この方式で顕微授精しますので、別料金なく、一般的な顕微授精の価格で行えます。

この方式を取り入れているので、当然、妊娠に結び付く受精卵を育てられる確率が上がります。

また受精卵を一個一個、個別管理する設備なので、他の方の卵子を出し入れする際に、外気が入ってたびたび温度が変わる刺激を受けることがないので、デリケートな卵子にとっては、守られたベストの環境で育てられています。

一般的なクリニックより、お金のかかった設備をそろえて、別料金なく受精卵を育てていますので、コストパフォーマンスが良いと思います。


一人でも多くの天使を送り出すために考えた方法・・

・多くの方が治療を途中であきらめずに済むように、採卵移植回数を減らし費用を抑える。

・受精卵は高度な技術と設備で管理して、生まれる能力のある卵子を、技術や設備のせいで無駄にしない。

・卵へ愛!(培養室は、保育園だと思って、みんなが愛を持って、卵たちを育てさせていただいております)

・未来ママパパへの愛!(相談、疑問へのわかりやすい説明など、個々に時間を十分とって不安なく治療ができる体制、完全予約制が、それを可能にしました)

・待ち時間の無駄がないので、来院から帰るまでの時間が短く、働いている方でも、時間が作りやすいとご好評いただいてます。(完全予約であることと、支払いが先にデポジットなので2回目からは会計待ちがありません)

長い不妊治療に携わった経験から、多くの問題点を理解したうえ、他にもいろいろ工夫をしています。



新しい命への強い思いを胸に、チームアンジュがお待ち申し上げております。

Clinique de l'Ange 初心に戻って・・

開業してちょうど半年が経ちました。

あっという間の半年でした。

幸い患者さんも順調に増えてきています。

妊娠率も今までになく高い水準を保てています。

今日も1人卒業生を送り出すことが出来ました。

でもまだまだです。

もっともっとたくさんの人に天使を送り届けないと。

その為にスタッフ一丸となって更なる努力を続けて行きます。1人でも多くの人が幸せになれるように。


明日からまた初心に戻って頑張ります!

いつもはあまり気にしない表参道の帰り道の空が何となく綺麗だったので写真を撮ってみました。



11182369_873769189362417_2873940950848162800_n.jpg
プロフィール

院長 末吉智博

Author:院長 末吉智博
子供は家族や周りの人々に幸せを運ぶ天使です。
天使を望む皆様のご家庭に、天使とのご縁を結ぶことが私たちの使命です。
天使のクリニックと名前を付けました。
加藤レディスクリニック(系列:新橋夢クリニック副院長、Shinjuku art clinic勤務含む)に長く勤務し、そこで学んだ技術や多くの症例、経験を生かし、新しい家族、かわいい天使を待つ一人でも多くの皆様に、天使を抱かせてあげたいという強い思いから独立開業いたしました。

今まで、数えきれないほど多くの方々に幸せを届けるお手伝いができたこと、天使に会えるスタート地点に皆様をたたせることができたときの喜びが私たちの幸せです。皆様の笑顔に出会えることを幸せに思い、また誇りに思います。

私たちは流れ作業治療はあり得ません。完全予約制にすることで、一人一人の患者様と時間をとり、納得と理解ができる話し合いをし、信頼関係を築いて、妊娠という一つの出発点までお見送りすることが私たちの仕事であり使命です。
天使を待つ皆様の希望となるよう、スタッフ一同努力し、患者の皆様をお迎えいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR