FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clinique de l'Ange Dダイマーについて

看護部より

今回はDダイマーの検査についてお話します。
Dダイマーは血栓の検査です。
ピルを飲み続けると血栓になるリスクが上がります。そのため当院ではピルを飲まれている方は2周期に一度のペースで検査させていただいております。
 
少し難しいのですが、
私たちの体には、血液を固まらせる作用(凝固)と溶かす(線溶)がうまくバランスをとって働いています。
体の中で血が固まる(血栓ができる)と、血栓を溶かすように働きます
Dダイマーは血栓が溶かされ分解されてできる物質です。血栓ができないとDダイマーはできません。ですから、Dダイマーが高値だと体のどこかで血栓ができているということになります。
当院での基準値は1.0μg/mlですが、0になることはありません。凝固と線溶は常に働いているからです。
ただし、抗カルジオリピン抗体などの自己抗体が陽性の方は血栓ができてなくても、高値を示すことがありますので、Dダイマーが陽性に出ても問題ない方もいます。
 
血栓予防についてですが、リスクが上がりますので禁酒、禁煙です。
汗をかいたり、脱水にならないように水は多めに摂るよう心がけましょう。
これから暑くなる季節ですので、水分の補充に気をつけてお過ごしいただければと思います。
 
  
他の院長公式ブログこちら
スポンサーサイト
プロフィール

CDL 院長 末吉智博

Author:CDL 院長 末吉智博
子供は家族や周りの人々に幸せを運ぶ天使です。
天使を望む皆様のご家庭に、天使とのご縁を結ぶことが私たちの使命です。
天使のクリニックと名前を付けました。
加藤レディスクリニック(系列:新橋夢クリニック副院長、Shinjuku art clinic勤務含む)に長く勤務し、そこで学んだ技術や多くの症例、経験を生かし、新しい家族、かわいい天使を待つ一人でも多くの皆様に、天使を抱かせてあげたいという強い思いから独立開業いたしました。

今まで、数えきれないほど多くの方々に幸せを届けるお手伝いができたこと、天使に会えるスタート地点に皆様をたたせることができたときの喜びが私たちの幸せです。皆様の笑顔に出会えることを幸せに思い、また誇りに思います。

私たちは流れ作業治療はあり得ません。完全予約制にすることで、一人一人の患者様と時間をとり、納得と理解ができる話し合いをし、信頼関係を築いて、妊娠という一つの出発点までお見送りすることが私たちの仕事であり使命です。
天使を待つ皆様の希望となるよう、スタッフ一同努力し、患者の皆様をお迎えいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。