FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clinique de l'Ange 体外受精による出生についての報告

9月11日、日本産科婦人科学会から平成27年に日本で行われた体外受精は42万4151周期で、5万1001人が生まれたとの調査報告が出されました。
治療周期数も出生数も過去最多を更新したとの事です。
ちなみに平成27年の総出生数は100万5677人ですので、赤ちゃんの約20人に1人が体外受精によって生まれているという計算になります。
また、体外受精をして出産に成功した女性の割合は約12%となります。
これは1クラスに1~2名の体外受精により出生した子がいることになり、双胎よりも多い事になります。
昔のように”特別な子”という感じではもうありません。
これにより体外受精で生まれた赤ちゃんは、昭和58年(1983)に東北大で初めて誕生してから平成27年までに合計で約48万2600人になったとの事です。
スポンサーサイト
プロフィール

CDL 院長 末吉智博

Author:CDL 院長 末吉智博
子供は家族や周りの人々に幸せを運ぶ天使です。
天使を望む皆様のご家庭に、天使とのご縁を結ぶことが私たちの使命です。
天使のクリニックと名前を付けました。
加藤レディスクリニック(系列:新橋夢クリニック副院長、Shinjuku art clinic勤務含む)に長く勤務し、そこで学んだ技術や多くの症例、経験を生かし、新しい家族、かわいい天使を待つ一人でも多くの皆様に、天使を抱かせてあげたいという強い思いから独立開業いたしました。

今まで、数えきれないほど多くの方々に幸せを届けるお手伝いができたこと、天使に会えるスタート地点に皆様をたたせることができたときの喜びが私たちの幸せです。皆様の笑顔に出会えることを幸せに思い、また誇りに思います。

私たちは流れ作業治療はあり得ません。完全予約制にすることで、一人一人の患者様と時間をとり、納得と理解ができる話し合いをし、信頼関係を築いて、妊娠という一つの出発点までお見送りすることが私たちの仕事であり使命です。
天使を待つ皆様の希望となるよう、スタッフ一同努力し、患者の皆様をお迎えいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。