Clinique de l'Ange 体外受精の治療は、採卵して移植するものだけではありません

先週の土曜日に、恒例の説明会を致しました。

最近クリニックが忙しく、皆様にお越しいただいたお礼をブログでお伝えする事が遅れまして申し訳ございませんでした。

説明会でのお話が、皆様の治療する上で、お役に立てれば幸いです。


不妊治療というのは、治療を始めて直ぐに順調に結果を出す方もいらっしゃいますし、いらしたときの身体の状態によっては、なかなかあと一歩で足踏みが続いて、それまでの治療などもあり、色々な事を考えすぎて辛い思いをされてる方もいらっしゃいます。

直ぐに結果が出ないことで、あちこちのクリニックを移動されている方もいらっしゃいますが、説明会でお話しするように、続けて治療を休まずに続けてこそ結果がでるので、1・2回で諦めて、また1から違うところで治療を繰り返すのは、結果を出す手前でまた1からの繰り返しになり、いつまでも成果を出せない負のスパイラルに巻き込まれてしまいます。

体外受精の治療とは、採卵して移植する事ではありません。

良い卵を育てる身体を作る事こそが治療であることを忘れないでください。


1・2回試して、ほかの治療に切り替えてばかりいたら、いつまでも採卵移植をくりかえすだけになりかねません。

それどころか、色々な治療や、刺激、薬などで、体も確実にダメージを受けていきますので、いつも「急がばまわれ」とお話しますが、調整周期に対してだけの話ではありません。

焦る時こそ、気持ちをクールダウンして留まる事も、大切な場合もあります。

また治療中に自己判断で、ほかの薬を並行して飲んでいて、それだけの原因かわかりませんが、とても期待できる状態だった方で、後で他の薬を併用されていたことを知り、もしかすると、その影響も考えられ、とても残念に思ったケースもありました。

他の先生が出す薬に対して、私が否定する事はできませんが、その先生は、私がしている治療を完全に理解して出していない場合もあり、またデリケートなホルモン状態に全く影響を及ぼさない薬であるかが出した先生にもわからない場合があります。

今絶対に必要な薬でなく、飲んだ方が治療効果が上がると思って飲まれるような薬などは、自己判断で飲む前にご相談ください。

不妊治療というのは、とてもデリケートな治療であることも、皆さんにご理解いただきたいと思います。

薬は当然のことですが、治療中(採卵移植前だけでなく移植後も)には、自己判断で、いろいろなことをされずに、まず相談いただけますと幸いです。

私たちは勿論、目指すものはただ一つですが、患者の皆様も、ブレない強い気持ちで一緒に目標に向かっていきましょう。

ご縁あって、当院に来ていただいた皆様を、私たちは諦めません。

私たちも真剣に皆様の治療に当たらせていただいております。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

院長 末吉智博

Author:院長 末吉智博
子供は家族や周りの人々に幸せを運ぶ天使です。
天使を望む皆様のご家庭に、天使とのご縁を結ぶことが私たちの使命です。
天使のクリニックと名前を付けました。
加藤レディスクリニック(系列:新橋夢クリニック副院長、Shinjuku art clinic勤務含む)に長く勤務し、そこで学んだ技術や多くの症例、経験を生かし、新しい家族、かわいい天使を待つ一人でも多くの皆様に、天使を抱かせてあげたいという強い思いから独立開業いたしました。

今まで、数えきれないほど多くの方々に幸せを届けるお手伝いができたこと、天使に会えるスタート地点に皆様をたたせることができたときの喜びが私たちの幸せです。皆様の笑顔に出会えることを幸せに思い、また誇りに思います。

私たちは流れ作業治療はあり得ません。完全予約制にすることで、一人一人の患者様と時間をとり、納得と理解ができる話し合いをし、信頼関係を築いて、妊娠という一つの出発点までお見送りすることが私たちの仕事であり使命です。
天使を待つ皆様の希望となるよう、スタッフ一同努力し、患者の皆様をお迎えいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR