Clinique de l'Ange 開業2年目の実績のご報告 

当院2年間の結果報告

平成28年10月31日まで当院開院後2年間のデータがまとまりましたのでご報告させていただきます。

その1

この2年間の採卵に関する結果が上記のようになりました。

特に直近の1年で採卵人数は約2倍に増加していますが、採卵者の平均年齢は変わりませんでした。

卵子が1つも回収できなかったNo-eggの方も減少傾向にあります。事前の治療をしっかりすることによって更に減らしていきたいと思います。

平均回収卵子数は約3個という事で、説明会でもお話している通りの結果となっています。

採卵時未熟で取れた卵子についてもMIは約9割、GVも約5割は成熟しています。

またその後の顕微授精での受精率も約85%と高率ですから、未熟で取れたからと必ずしも悲観する必要はありません。

1.png



C-IVF ICSI の結果は上記の表のとおりです。

正常受精した胚のうち、d3 8cell以上の分割卵が平均56%と半分以上の胚が平均レベル以上の分割スピードで育っています。

また胚盤胞のうち新鮮胚盤胞移植および胚盤胞凍結できた胚が、649個、約35%でした。

当院では卵管等に問題なければ基本的に初期胚での移植・凍結を行っております。

従いまして胚盤胞培養を行うのは、卵管に問題のある一部の患者さんを除けば余剰胚のみが対象となります。

成長スピードの速い優秀な胚は先にpick-upしてしまった後での発生なのでこれも優秀な成績と考えます。


次に、この2年間の移植結果についてご報告させていただきます。
2.png

この2年間で771周期の移植を行いました。
このうち初期胚移植が半分以上の444周期で、妊娠率は初期胚移植、胚盤胞移植とも約30%となっております。


年齢別の移植結果は下記の表のとおりです。

無題

年齢が上昇するにしたがって妊娠率は下がっていきますが、30歳代までですと平均4割以上の方が初期胚移植でも胎嚢確認にいたっています。

また40~44歳においても約2割の方が胎嚢確認までできています。

40歳代で採卵した卵が胚盤胞まで育たず移植できずに終わっている方は一考されるべきデータかと思います。


卒業された方の採卵時の最低年齢は26歳、最高年齢は46歳(卒業時47歳)となっております。


新たな年を迎えるにあたり、またくる年には、さらに多くの天使を皆さんのもとに届けるお手伝いができるように、そして、天使を待つ皆さんの心に寄り添い、皆様の希望となりたいと思います。

皆様、どうぞよいお年をお過ごしください。

本年もありがとうございました。

来年も、皆様にとって、実りの多い良き年となりますよう、スタッフ一同お祈り申し上げます。

Clinique de l'Ange 年末年始の出入り口のお知らせ


年末年始の出入り口についてのお知らせです
12/31(土)~1/3(火)まで、当クリニックの入っているビルの正面玄関シャッター及び裏口玄関が閉鎖されております。

初診患者様、通院中の患者様にはご不便をおかけ致しますが正面入口シャッター脇のインターフォン又はお電話にてご連絡を頂けましたら、
クリニックスタッフがお迎えにあがります。

すでにご案内用紙で裏口玄関をご存知の患者様、裏口玄関に到着されましたらお迎えにあがります。
恐れ入りますがお電話にてご連絡ください。

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


開業2年目の卒業された方のデータは出ておりますが、ただいま忙しいために、文章としての作成が遅れております。
もうしばらくお待ちください。

Clinique de l'Ange

昨日はお忙しい中、説明会に足をお運びいただきました皆様、ありがとうございました。

開業2年目を迎え、2年目の卒業なさった方々のデータを集計中です。

今年は、さらに幅広い年齢層の方の卒業者を送り出すことができまして、大変うれしく思っております。

卒業される方の数もとても順調でした。

またうれしいご出産報告などもいただき、充実した2年目となりました。

皆様の心に寄り添えるクリニックを目指し、また結果を出せるクリニックとして信頼いただけますよう、これからもスタッフ一同努力し皆様の希望のクリニックと思っていただける3年目を目指し、スタートいたします。

どうぞよろしくお願い致します。

Clinique de l'Ange  開業2周年のご挨拶

Clinique de l'Ange 開業二周年のご挨拶
Clinique de l'Angeは、本日めでたく開業二周年を迎えることとなりました。

開業から二年、大きな事故も無くここまで順調にこれたのも当院の治療方針に賛同して通って来ていただいている患者様と私をサポートしてくれている優秀なスタッフのお陰だと思っております。

開業して二年も経ちますと生まれたての天使と笑顔のご両親の写真を送っていただいたり、早い人ですとこちらに預けてある二人目の天使をお迎えに行きますという連絡をいただけるようになりました。
この仕事をしていてこれ以上の幸せはありません。
皆様を幸せにする仕事と自負しておりますが、皆様に幸せにしていただいている仕事でもあると日々感じております。

当院では待合室が混み合わないよう時間予約制を導入し新規患者様の受け入れをコントロールしておりますが、それでも最近は時間帯によって待合室が混雑することが増えてきております。
診療内容の一貫性を保つため医師一人で診察をしているためでもありますが、患者様が納得して診療を受けていただくためひとりひとりに十分な時間をかけてお話をさせていただいているためでもありますのでご容赦いただけたらと思います。

これからもできるだけ多くの方が天使をその胸に抱けるようスタッフ一同さらに精進していく所存であります。

今後ともよろしくお願い致します。

Clinique de l'Ange D-dimer 院内測定開始

D-dimer 院内測定開始


このたび、院内検査部にD-dimer測定器を導入致しました。
これにより7月30日からD-dimerの院内測定を開始します。
これまでもD-dimerの測定を行ってきましたが、外の検査機関に依頼していたため結果が出るまでに2日かかっていました。
このためD-dimerの値が上昇している方も次回の診察時に前回D-dimerの値が上昇していましたという過去形でしか説明ができなかったのですが、今後は採血したその日のうちに他の検査項目と一緒にお話できるようになります。
これにより安心して治療していただけるものと思います。
ただし今回導入した機械は、それまでの外の検査機関のものと測定系が異なるため基準値が異なります。今までは<1.0が正常範囲、すなわち血栓無しでしたが、これからは<0.5 が正常範囲となります。
また検査料金も、これまでは1000円(税別)でしたが、1500円(税別)と変更させていただきます。
外の検査機関は各地から集めた大量の検体を一気に検査するため検査費用を抑えることができますが、院内検査はこれができないため検査費用が割高になるためです。
安心して治療を受けていただくための変更ですのでご理解の程よろしくお願い致します。

当院初診を考えている患者様へ

初診受付専用フォームを登録する初めにも記載しておりますが、現在他院で投薬治療を受けている患者様の診察はお断りしております。

と申しますのも、薬を処方した場合、その後に起こるすべての事象に対し、投薬した医師にその責任があるからです。
薬は100%安全ではありません。必ず良い作用と悪い作用(副作用)の2面性を持ち合わせています。
例えば、クロミッドなど排卵誘発剤を内服した場合、そのまま自然では排卵できず未破裂黄体になり卵巣が腫れ、この腫れた卵巣が茎捻転を起こす可能性があります。
また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOs)の方に多いのですが、複数個の卵胞が成長して排卵したため双子、三つ子の妊娠をする事もあります。これを総じて多胎妊娠といいますが、多胎妊娠すると早産の確率が高くなります。現在どこの病院のNICUも満床でそうそう早産児をたやすく受け入れてはくれません。自然妊娠ならまだしも不適切な不妊治療による多胎妊娠早産児はNICUを管理している側からすれば迷惑な患者でなかなか受け入れてもらえずたらい回しになることが多いのが現状です。
また、ピルなどのホルモン剤を内服する事により、最悪血栓症を引き起こすリスクがあります。もしそのような合併症が起きたら早急にそれに対する処置が必要となります。
クロミッド飲んであとは適当にタイミング取って妊娠したら好きな病院に行ってくださいでは済まされないのです。
処方された薬が何事も無くその効果が切れるまでは、それを処方した医師にその責任があります。
ですので当院では他院で処方された薬を使用している方の診療をお断りさせていただいておりますし、服用している方(服用を終了した方も含む)はその効果が切れてから(次の生理が来てから)初診予約を受け付けております。

以上の事をきちんとご理解いただいた上で初診受付専用ホームを記入し送信していただきたく思います。

Clinique de l'Ange

ここ数日、本格的に暑い日が増えてきました。

外出時は、辛い暑さですが、夏の日差しは、街の風景を、より美しく見せてくれる利点もあります。

体には、どうしても負荷のかかる季節ですので、くれぐれも、体調にはお気を付けて、お過ごしください。

こちらは院長ブログですが、スタッフブログの方には、培養室からの豆知識や、表参道付近のおいしいお店や、ちょっとしたスタッフからのメッセージを載せています。

こちらも、時間のある時に覗いてみてください。

スタッフブログ

卒業時にお渡ししているメダイユ(日本のカトリック教会では、メダイとも呼ばれます)が、手元になくなる寸前に、パリからまた200個、いただいてまいりました。

200個も今は手元にありますが、近い将来、またいただきに行かなければならなくなるように、スタッフ一丸となり、努力していきます。

卒業される皆様が、私たちの元を離れた後に、無事、天使と出会えますよう、私たちの願いを、このメダイユに託してお渡しいたします。

メダイをいただいている教会

奇跡の教会と呼ばれていますが、子供と会えることは決して当たり前の事では無く、奇跡の積み重ねの後の出会いだと思います。

天使を待つ皆様に、この奇跡が訪れることを、いつも願っています。

Clinique de l'Ange 

昨日、説明会が終わりました。
お忙しい中、ご出席いただきました皆様ありがとうございました。

最近卒業される患者様が、最後の日に私たちスタッフ宛のお手紙を置いていかれる方が増えました。

みなさんの今までの気持ちを伝えてくださり、私たちみな心から温かい気持ちをいただいております。

大手で働いていたころにはこういう事は無かったので、今のクリニックがアットホームで皆様に身近に感じていただけているからではないかと思います。

過去の治療の時のような通院が苦痛な気持ちが、こちらに来てから一度もなかったと書いてくださった方もいらっしゃいました。

少しでもストレスなく治療の期間を過ごしていただくことも、私たちが常に大切にしていることなので、完全予約制を取り入れ、待ち時間を少なくし、会計もスムーズに進められるようなシステムをとり、最低限の滞在時間を目指しております。

また予約制なので、待合室の混雑も予約なしのクリニックのようになることはめったにありません。
その為か、ご主人と一緒にいらっしゃる患者様が多いように思います。

長く続いた暗いトンネルから、やっと出ることができたと喜ばれた方もいらっしゃいました。
わざわざその手紙を渡すために、卒業を一回延ばされた方もいらっしゃいました。

みなさんのお陰で、私たちは本当に素晴らしい仕事をさせていただいているのだとうれしく誇らしく思う事ができ、また明日からの活力をいただいております。
ありがとうございます。

説明会後の質問の時間でも皆様の熱心な気持ちが伝わり、できることなら昨日いらした方全員の希望を叶えるお手伝いをしたいと強く感じます。

これからも、天使を待つ皆様に寄り添い、皆様の力になれるクリニックへと成長していきたいと思います。



Clinique de l'Ange 卒業生の年齢、初期胚、胚盤胞移植の妊娠率など詳細を分析しました

先日卒業生が100名を超えたことをご報告させていただきました。
100名を一つの区切りとして見直してみますと、(ちなみにこの原稿を書く直前に更に卒業者が増えて105名で総括しています)今までに無いいくつかの特徴が見えてきました。

まず卒業生の年齢層ですが、20歳代が3名、30歳台前半が30名、30歳台後半が49名、40歳代が23名で、最低年齢は26歳、最高年齢は44歳でした。
30歳代後半から40歳代合わせて72名、約7割とこれは来院患者さんの年齢層とほぼ一致する結果で、必ずしも若いから妊娠できている訳では無いという事を示しています。



さて1つ目の特徴ですが、卒業された方の移植に関してですが、初期胚移植での妊娠が70名、胚盤胞移植での妊娠が35名となっています。これは驚くべき数字です❗
うちの卒業生の約7割は胚盤胞では無く初期胚での移植によるものなのです。
病院によっては初期胚では妊娠しないから始めから胚盤胞しかしない病院も有るようですが、いかにその考え方が浅はかな事かが分かります。
しかも初期胚移植のうち42名は3日目移植、すなわち初めての移植で妊娠し、そのまま卒業になっているという事です。
そもそも一般病院では初期胚での妊娠率は10~20%と言われています。その妊娠率の低さ故初期胚での移植を行わず初めから胚盤胞移植を進めてくる病院が多いのですが、当院では違います。
初期胚での妊娠率が40%強、胚盤胞移植での妊娠率も40%強とほぼ同じ妊娠率を誇っています。
先に治療をして良い卵子だけを採卵するという当院の特徴が見事に表れている数字だと思います。下手な鉄砲数打ちゃ当たる的な治療で採れた卵子では初期胚での妊娠率が低いのは当たり前、胚盤胞まで育てなければ取れた卵子が本当の意味で良いか悪いかが分からないのだから胚盤胞まで育てなければ妊娠率を上げることができないのは当然かと思います。
でも当院では良い卵子しか採卵しないので胚盤胞まで育てなくても高い妊娠率を誇ることができるのです。


2つ目の特徴は卒業後に残念なお知らせをいただいた方はこのうち4名しかいないと言うことです。
以前のクリニックでは次の病院に紹介した直後に心拍が確認できず直ぐに戻って来る患者さんが少なくありませんでしたが、当クリニックではこの割合がかなり低いのが特徴です。
この流産率の低さも、事前の治療の効果を表しています。
もちろん当院でも卒業前に流産されてしまう方もいらっしゃいます。どんなにしっかりとした治療をして臨んでも流産率を0%にする事は不可能です。
ただ、当院で卒業しても大丈夫と判断され、送り出されたならかなりの確率で天使に会えると思っていただいて大丈夫だという事が言えるのです。

以上簡単ではありますが、卒業された方から分かる当院の特徴をお話させていただきました。

現在当院通院中の患者さんに可愛い天使が舞い降りてきますようスタッフ一同更に精進していく所存です。
なかなか結果が出ない方も諦めずに頑張ってください。

Clinique de l'Ange 開業して卒業者100人を超えました

開業して一年半が過ぎました。
連日たくさんの患者さんに来ていただきクリニックの方もにぎわっておりますが、そんなこの時期に嬉しいお知らせです。
なんと先日100人目の卒業生を送り出す事ができました。
一年半で100人もの方を送り出す事が出来るとは思っていなかったので本当に嬉しく思います。
またその後順調に経過し、天使を抱きしめる事が出来ましたといううれしい出産報告も連日いただけていて本当にこの仕事をしていて良かったなとスタッフ一同喜んでいます。

これからも一人でも多くの方に天使が届けられますよう更に頑張っていきたいと思います。

Clinique de l'Ange お知らせ

治療をお休みされている方のデポジット返金について


昨今患者様の増加に伴い、時間帯によっては待合室が大変混み合いご不便をおかけしております。
現在通院されております患者様にこれ以上のご不便をおかけしないよう、昨年末より新規患者様の受け入れに関しても制限させていただいております。

説明会でもお話させていただいておりますが、こちらに了承無く自己都合で2ヶ月以上治療をお休みされている方はすぐに治療再開することができません。
現在順番待ちをしていただいております新規の患者さんと同等に再度順番待ちをしていただき、こちらからの連絡を待っていただいての治療再開となっております。

これに伴いまして、現在治療をお休みされている方からお預かりしておりますデポジットの方を一旦返金させていただくこととしました。
現在お預かりさせていただいておりますデポジットの方を一旦返金し、治療再開となった時点で再度預けていただくこととします。
対象の方には当院受付より連絡させていただきますのでお手続きの方よろしくお願い致します。


Clinique de l’Ange
院長 末吉 智博

Clinique de l'Ange  今回の説明会で新しく追加説明したことなど

昨日、説明会をいたしました。
お忙しい中、お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

今回は、私が長く勤めていたクリニックから独立をした理由なども、詳しく話させていただきました。
当時、世界も日本も、薬をたくさん使った刺激による体外受精が主流でした。
その中で、現在体外受精の実績では世界一の症例数を持つKLCの前の院長が発案した自然周期による体外受精は、とても画期的であり、当時大学病院で刺激法を行っていた私は、この治療法に魅せられ、12年弱、KLCとその系列で自然周期の治療をしてまいりました。
KLCは一日500人近い患者さんがいらっしゃいますので、ここで長く勤めるということは、大変多くの患者様に出合い、多くの症例をみることができ、経験も、技術も磨くことが出来ました。
長く勤める中で、素晴らしい自然周期の治療の良い面だけではなく、限界も知ることになりました。
自然周期が有効である人と、そうではない患者様もいらっしゃるということです。

自然周期の枠を出て、あと少しで天使に出合わせることが出来るかもしれない患者様を思い、一昨年に独立いたしました。

私の治療法は、決して自然周期を否定するものではありません。
KLCの前加藤修院長先生の始めたこの治療は、体にも優しく素晴らしいものでしたし、ここで学ばせていただいたおかげで今の自分があります。
ただこれに自分なりのアレンジを加え、現在、妊娠率は確実に当時よりも高い実績をあげられていることは間違いありません。

また、胚盤胞まで育たない卵は所詮力がないからという理由で胚盤胞にこだわり移植するという考え方の治療もありますが、胚盤胞まで育てることが難しく、何度採卵してもついに一度も移植が出来なかった患者様も多くいらっしゃいます。
私は、胚盤胞にはこだわらず、3日目8分割以上になれば、そこで移植します。
それにより今まで一度も移植できなかった患者様が、その移植ですぐに妊娠している経験を多数しているので胚盤胞にこだわる治療をいたしません。

また培養室からの説明では、卵を保管する施設について、今回も写真入りで詳しく説明いたしました。
ほとんどの施設で使われている、すべての卵を一括保管する保管庫と、当院で使っている一家族に一部屋をあてがって個室管理する施設の違いを説明いたしました。
大きい入れ物の中で一括保管する場合、ほかの人の卵を取り出す為に一度ドアを開けると、一気に中の温度や環境が外気と交ることで変化してしまい、元の状態に回復するのに40~50分もかかってしまいます。
デリケートな卵は、この環境の変化の連続に耐えられない場合もあります。

当院は一人一部屋ですので、他人の卵の入れ替えで影響を受けることが全くなく、また個室で1つ1つの部屋は狭いのでほんの数分で元に状態に回復し最良の環境を常に維持できるため、大型を使っていた施設の時よりも卵の状態も確実に良い状態であることも確認されており、培養技術は施設で大きく違いがある事を説明いたしました。
培養師のキャリアについては毎回ご説明させていただいている通りです。

移植時に毎回ホルモン値を測るので、ホルモン値が悪くて妊娠できないときに、せっかくの良い卵を移植して無駄にすることはありません。(移植時にホルモン値をみない施設もまだ多いようです)

ホルモン値が悪い時は一度凍結して次の周期に向けて調整しますが、その際も、培養環境と技術が生かされ心配なく凍結してお預かりでるわけです。
移植タイミングの操作も、胚盤胞になった卵だけに対して時期の操作をするのではなく、3日目8分割以上のものに対してもその卵の分割スピードの個性をみて、着床の窓の開いている間に子宮に戻れるタイミングを計算して移植します。

良い培養施設と技術のもと、凍結をうまく利用してこのような治療を行えるのが当院の特徴でもあります。

これから治療をお考えの皆様、実際説明会にいらして聞いていただけると色々なことがわかりますので、ぜひ定期的に行っております説明会にお越しいただけるようスタッフ一同お待ちしております。

みなさまのご家族、周りの多くの方に幸せを運んでくれる天使をお届けする為、私たちも日々成長と工夫を止めないように進んでいきたいと思います。

お世話になった、今は無き、前加藤修院長がそうであったように。



Clinique de l'Ange 1月の卒業者(訂正あり)

先月、1月の卒業者は16名いらっしゃいました。

みなさまから、40歳以上の方の妊娠がどれぐらいか、ご質問を受けることが多いので、1月の卒業された方でご参考にお知らせいたします。
40歳以上は16人のうち、4名いらっしゃいます。
そのうち二人は43歳の方です。(2人とも一回目の移植で卒業されており、貯卵もされています。)←訂正しました

また2月に入り、一日の今日卒業された方も40歳以上の方で、一回の治療で卒業されました。

完全予約制なので、もともと診れる人数は多くない中での数値です。
過去勤めていたころの妊娠率と比べて、確実には高くなっています。

福沢諭吉先生の、有名な著書に「学問のすすめ」というのがありますが、その中で、人のためになり、世の中の役に立つために勉強をしなさい。
みんなが勉強すれば、日本はもっと強くなれる。
日本という国も、一つのチームと同じで、全員が一生懸命勉強すれば、もっと強いチームになる。
一人でも多くの怠ける人がいたら、外国に負けて植民地化されてしまうかもしれない・・

日本を守らなければならない時代に書かれたものですが、私も、自分の力が、いつか、他の誰かのために、誰かを幸せにすることができるように、勉強して医学部に入ったことを覚えています。

そして、一つのチームは、一人として怠け者がいては、強くなれない。
志を果たせない。

だから、私のクリニックのスタッフみんなに、努力を続けてもらい、これからも、もっと強い力に成長していきたいと思っています。













Clinique de l'Ange 

今日卒業された患者さんから、お菓子を頂きました。

なかなか良い卵が取れず時間がかかりましたが、無事妊娠されて本日卒業となりました。

結果が出ないと通院するのも辛かったと思いますが、私を信じて辛抱強く通ってくれたので天使が降りてきてくれました。

本当に良かった!

Clinique de l'Ange 幸先良いスタートの元旦になりました。


新年あけましておめでとうございます。

当クリニックも開業2年目の新年を迎えることができました。
昨年はたくさんの患者さんに来院していただき何人もの卒業生を見送ることができました。
1年目でこれほど多くの方に天使を授けるお手伝いができるとは思っていませんでしたので大変うれしく思っています。

元旦の今日も、卒業者と、妊娠判定日で陽性の方もいらして、うれしいスタートとなりました。
しかしその一方で一生懸命通院していただいているのに、いまだ結果が出せずにいる方もいらっしゃいます。
今年はその方たちにも是非とも天使を授けるお手伝いができればと思っています。

スタッフ一同、常に全力で診療にあたっていきますのでよろしくお願い致します。

Clinique de l'Ange
院長 末吉 智博

プロフィール

CDL 院長 末吉智博

Author:CDL 院長 末吉智博
子供は家族や周りの人々に幸せを運ぶ天使です。
天使を望む皆様のご家庭に、天使とのご縁を結ぶことが私たちの使命です。
天使のクリニックと名前を付けました。
加藤レディスクリニック(系列:新橋夢クリニック副院長、Shinjuku art clinic勤務含む)に長く勤務し、そこで学んだ技術や多くの症例、経験を生かし、新しい家族、かわいい天使を待つ一人でも多くの皆様に、天使を抱かせてあげたいという強い思いから独立開業いたしました。

今まで、数えきれないほど多くの方々に幸せを届けるお手伝いができたこと、天使に会えるスタート地点に皆様をたたせることができたときの喜びが私たちの幸せです。皆様の笑顔に出会えることを幸せに思い、また誇りに思います。

私たちは流れ作業治療はあり得ません。完全予約制にすることで、一人一人の患者様と時間をとり、納得と理解ができる話し合いをし、信頼関係を築いて、妊娠という一つの出発点までお見送りすることが私たちの仕事であり使命です。
天使を待つ皆様の希望となるよう、スタッフ一同努力し、患者の皆様をお迎えいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR